在宅ワークのメリットとデメリット

「内職は何がいいんだろう?」、「自宅でお金を稼ぐことに魅力を感じない。」という方もいます。

内職や在宅ワークも仕事の種類で働くことに変わりありません。自宅での仕事にも良いところがあれば、悪いところもある。

そこで今回は、在宅ワークのメリットとデメリットをお届けします。

■在宅ワークのメリット。時間、場所、服装、報酬まで自分で決めれる。

自宅で働くというお金の稼ぎ方は、働く時間や作業をする場所、仕事をする服装など、ほとんどのことが自由になります。また、作業をすればお金になります。

なので、頑張れば頑張った分、報酬も増えます。時給で働いた場合は1時間の給料が決まっていて減りもしなければ増えもしません。

寝起きの時間や実際に作業する時間、通勤しなくても良い働き方です。やればやった分だけ収入も増えるし、魅力以外に何もありません。

■在宅ワークのデメリット。
自宅で仕事をするので、作業に集中する必要があります。作業をやらなければお金が報酬が増えないのは、当たり前のことではありますが、デメリットに感じる方もいます。

家族と一緒に暮らしていたら、用事を押し付けられたり、邪魔が入ることもしばしばあります。一人暮らしだとしても、自宅にある好きな物など誘惑がたくさんあります。

「ついついテレビや漫画に夢中になって作業を忘れてた。」ということは自宅で作業する時によくあることです。
上司に監視されなくて気持ちよく仕事ができる反面では、自分に甘やかしてしまうのですね。

■自宅で働く方が心身ともに健康的に暮らせる。
デメリットが目立ってみえますが、特別なことは何もありません。「仕事をしてお金をもらう」これは普通のことなのです。

だったら、好きな時に仕事をして、好きな時に遊ぶ。奇抜なファッションやラフな服装で楽しく仕事をできたら最高。

お金のために上司や同僚に気を使ったり余計な疲労ともお別れできるので、在宅ワークの方がココロもカラダも健康的に生活できるのです。

在宅ワークを長続きさせる時間の考え方

在宅ワークを始めたが、なかなか報酬が得られない。
こういった方の多くが、間違った在宅ワークの仕方をしています。

また、主婦などであれば、内職は長続きしなかったし、クラウドソーシングしてもそれは一緒じゃないかというイメージを抱いている方もいらっしゃいます。

ここでは、在宅ワークを長続きさせるための時間の使い方について紹介します。

■良くも悪くも自宅

自宅での仕事は、良くも悪くも自宅で仕事をしなければならないということです。
場合によっては、カフェなどにいき、ノートパソコンなどを使って、仕事をする方もいらっしゃることでしょう。

しかしながら、多くの方は自宅を使って仕事をしていることが多いですよね。
こういった場合には、どうしても仕事を後回しにしてしまったりという時間の使い方が上手ではない方がいるのです。

そういった方の多くが、副業として成立していないほどの、微々たる副収入に頭を悩ませているのです。
時間の使い方をきっちりと覚えてましょう。

■決めるか割り切るか

自宅で仕事をする場合の時間の考え方としては、一つはストイックになり、1日4時間は、必ず副業をすると「決める」こと。
もう一つが、空いた時間にだけ仕事をすると「割り切る」ことです。

副業とはいえ、仕事なのだからとビジネスとしてしっかりと捉えている方は前者。
とにかく子育てや家事が優先であり、本当に空いた時にお小遣い程度が稼げればそれでいいと考えている方は後者がマッチしているでしょう。

また、この2つを使い分けるという方法も長く自宅での仕事を継続させるためのコツになります。

例えば納期が決まっている仕事であれば、自分のスキルを考慮して、納期2日前までは後者。
2日に迫っているのなら、前者の時間の捉え方を使って仕事をするといった方法です。

■とにかくマッチしている方を

高収入をコンスタントに稼ぎたいなら、圧倒的に前者の考えですが、個人差があるものですから、やはり長続きさせるには、自分のライフスタイルにマッチしたものを選択すると良いでしょう。

参考サイト:在宅ワーク情報・紹介サイト – ホームジョブ.com